株式会社レグルス - 事務員指導、会計処理、業務フロー構築、販路開拓等々、頑張るみなさんを応援します!
農業経営の始め方

現代の日本の農業は、他の先進国と比べても、食料自給率が大変低い状態にあります。
高齢化が進み、年々担い手が減少しているのが大きな要因になっています。
生きていく為に必要な食料を確保する為にも、農業再生を図り、将来の農業を支える若い担い手が必要です。
進路や目標を決めかねているという学生など若い方がいらっしゃいましたら、農業経営に目を向けて頂きたいです。

少しでも関心や興味を持ってもらう為にも、農業経営の始め方についてご紹介致します。
 
 
   技術や知識を習得する

自然を相手にする農業は、様々な問題に直面するものです。
家庭菜園ほどの技術や知識だけでは、とても手に負えません。
農業経営に欠かせない技術や知識を習得する為に、まずは専門の教育機関で勉強したり、先進農家のもとで実践研修を積んだりしながら習得に努めましょう。
 
 
  農地確保

新たに農業を始めるには、農地がなくては何も始まりません。
購入するか、借りるかしなければなりませんが、現在は借りるのが主流となっています。
農地を借りて始める方が、資金面からも有利というメリットがあります。
農地を探す際は、鳥や獣の被害、自然災害などの発生状況を防ぐ為にも事前にチェックすることも重要です。そして何より大切なのは、周りの農家や地域の方々と接点を多く持つことです。
農家の方々や地域ととけ込み、親しくなることで、これまでの経験から多くの知識を教わるだけでなく、熱意や意思が伝わり、農業経営をしていく上での信用・信頼を獲得できるでしょう。
 
 
  資金確保

農業経営していく為には、設備資金や運転資金など、様々な経営資金が必要となります。想定外の出費も多いことから、余裕を持った資金計画を練り上げることが大切です。
自己資金だけで補えない場合は、不足分を借りるという方法もありますが、借入金に頼り過ぎると後々経営を圧迫することが考えられますので、できるだけ自己資金を多く用意しておいたほうがよいでしょう。
 
 
農業経営に関してコンサルティングが必要という方は、当社にご相談下さい。
農業法人設立支援、人財育成や決算・会計に関する支援など、様々なサービスを提供しております。