株式会社レグルス - 事務員指導、会計処理、業務フロー構築、販路開拓等々、頑張るみなさんを応援します!
第六次産業を知る

第六次産業という言葉をご存知でしょうか。 

注目されている産業であり、第六次産業を行う事で成功を収めた農家もあります。 

どのようなものを第六次産業というのでしょうか。


  ◎第六次産業とは

多くの方が第一次産業・第二次産業・第三次産業までしかご存知ではないかと思います。学校の社会の授業で習うのも、第一から第三次産業までです。第一次産業は生産業、第二次産業は製造業や加工業、そして第三次産業は製品の販売やサービス業の事を指します。 

第六次産業とは、この第二次産業、第三次産業もまとめて第一次産業である農家が行う事です。つまり、第一次産業である農家が、個人で野菜を食品加工して製品を生み出し、更にインターネット通販や自己店舗で販売まで行う事をいいます。 

この第六次産業という言葉は、農業経済学者の今村奈良臣が作った造語です。第四次産業や第五次産業があり、次いで第六次産業があるわけではなく、1足す2足す3が6になる事から第六次産業といわれています。最近では、単純な足し算ではなく掛け算であると再提示されています。


  第六次産業のメリット

第一次産業を行っている農家で直接販売を行う事が出来るので、流通マージンを省略する事が出来ます。そうする事で製品を安く提供する事が出来ます。同じ品質の物が安く購入出来るので消費者からはとてもお得な買い物が出来ると言えます。もちろん消費者が得をするだけではなく、生産者側にもメリットはあります。 

卸に使える農作物はサイズや見た目が重視されます。同じ品質の作物であっても、規格外のサイズや見た目の悪い物は格安の値段になってしまいます。しかし、自信を持っている野菜を捨て値のような価格で引き取られる事は農家にとって喜ばしい事ではありません。自家加工を行えば作物を無駄にする事も無く、更に市場の卸価格に左右される事がなく安定して収入を得る事が出来るようになります。
第六次産業を行うには、法人化が必要になります。農業だけをやっていれば良いのではなく、製造や品質の管理、販売の申請など様々な準備が必要となります。 


福岡で第六次産業を始めるために会社設立をお考えなら、当社にご相談ください。農業の会社設立支援を行っております。